ギャラリーフェイク

ギャラリーフェイク

贋作画廊(ギャラリーフェイク)へようこそ。そこは贋作専門という変わった画廊。しかし、その裏では美術品のブラックマーケットに通じ、表に出ることのない真作を扱ってると噂されている…。真作と贋作が入り交じる美術世界。元メトロポリタン美術館・学芸員(キュレーター)という経歴を持つオーナー・藤田玲司が舞い込む事件やトラブルを解き明かしていく!
Sorry, TELASA is not available in this country.
ギャラリーフェイク 第31話
ギャラリーフェイク 第31話
第31話 孤高の青/ギャラリーフェイクを訪れた会社員・富岡。彼はアズライト(藍銅鉱)という顔料を探していた。日本画で使われる絵の具の原料となる鉱石である。富岡はギャラリーフェイクに展示されたある日本画にアズライトが使われていることを見抜いたのである。アズライトを探している理由を聞くフジタに、日本画の大家・榊原南山が使用するためであると答える富岡。【提供:バンダイチャンネル】
ギャラリーフェイク 第32話
ギャラリーフェイク 第32話
第32話 “アンティーク・オルゴールで子守唄を”/クラシックコンサートの会場でひとり席にいるサラ。フジタと一緒に来るはずだったのに、約束の時間を過ぎても、開演時間を過ぎても、フジタは来ない。サラは怒ってフジタに電話をするが、フジタは警察で取調べ中だという。何故警察へ呼ばれたのか自分でも判らないでいるフジタの前に、刑事の高倉が差し出した証拠品の袋。【提供:バンダイチャンネル】
ギャラリーフェイク 第33話
ギャラリーフェイク 第33話
第33話 残暑絵金見舞/四国をトラックで走るフジタは一人の男をヒッチハイクで拾う。男の名は矢野。絵金祭りで有名な赤岡町へ行きたいと言う。矢野は追われていた。大阪のヤクザであった矢野は、対抗する組織の若頭を殺して逃げていたのである。フジタの機転で追っ手を撒いた矢野が向かったのは赤岡ではなく、赤岡から程近い、カヨという女の住む港町だった。【提供:バンダイチャンネル】
ギャラリーフェイク 第34話
ギャラリーフェイク 第34話
第34話 神々の宝石/インドのバラモン・シンハ氏の求めに応じてヒンドゥーの神像を集めたフジタ。しかし、それはシンハ氏を満足させるものではなかった。シンハ氏から提示された猶予は二週間。その間に彼を納得させる神像を用意しなければならない。フジタはロンドン・クリスティーズのオークションに神像が出品されることを知り、ロンドンへ飛ぶ。機上でであったのは…。【提供:バンダイチャンネル】
ギャラリーフェイク 第35話
ギャラリーフェイク 第35話
第35話 修復するは我に有り/フジタの元で修復を学びたいとギャラリーフェイクを訪れた女・辻堂ルナ。修復作業のアシスタントとして彼女は熱心に働き、それはサラが嫉妬するほどであった。フジタは「辻堂」という名前に聞き覚えがあった。辻堂尚之。彼は日本の絵画修復の草分け的存在であり、フジタの兄弟子に当たる人物である。ルナにそのことを聞くと…。【提供:バンダイチャンネル】
ギャラリーフェイク 第36話
ギャラリーフェイク 第36話
第36話 ハワイの万華鏡/ハワイでバカンスを過ごすフジタとサラは画家のスタンリー・カポーノと出会う。カポーノに誘われ、彼のアトリエを訪れた二人。そこには三田村小夜子がいた。四人での食事会では、美術の話題で盛り上がる三人についていけないサラ。しかもフジタは三田村に付き合って明日ゴルフに行くという。置いていかれたサラは…。【提供:バンダイチャンネル】
ギャラリーフェイク 第37話(最終話)
ギャラリーフェイク 第37話(最終話)
第37話 メトロポリタンの一夜/パーティーが催され、華やかな社交場となった夜のメトロポリタン美術館。そこでは館長を中心とする美術館関係者と、有力なスポンサーたちが一同に会する場である。華やかなパーティーの裏側で、メトロポリタン美術館を訪れていた男が一人。藤田玲司である。馴染みの修復家パーカーへ日本画修復用の特製ノリを届けに来たのであるが…。【提供:バンダイチャンネル】
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally