アキラとあきら

アキラとあきら

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行の新人研修が行なわれていた。その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。それぞれのチームの代表は東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)。彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側になり、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げた。
Sorry, TELASA is not available in this country.
アキラとあきら 第01話
アキラとあきら 第01話
第一話/1986年4月、メガバンク産業中央銀行の新人研修で伝説が生まれた。研修の最終工程で行われる実戦形式の融資プロジェクトで、相対した階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)。誰も想像のつかない提案をした階堂。それを見破った山崎。お互いの健闘を讃える二人。この時はまだこれから待ち受ける過酷な“運命”を、二人は知る由もなかった。
アキラとあきら 第02話
アキラとあきら 第02話
第二話/伴埜弘道(松尾諭)が角田製薬への30億円の融資を取り付けてきてから間もなくして、階堂彬は角田製薬の経理部長・徳田(野間口徹)から運転資金5億の融資を頼まれる。30億融資した直後の5億の追加融資。恐れていたことが起きてしまったと、彬に不安がよぎる。一方その頃、山崎瑛は日本橋支店融資課で…。
アキラとあきら 第03話
アキラとあきら 第03話
第三話/日本橋支店副支店長・不動公康(利重剛)に井口製作所の稟議書を突き返された山崎瑛。心臓病を患う井口の娘の為にも何とか稟議を通したい山崎瑛だが、不動の壁は厚い。そして、ついに井口製作所が不渡りを出そうという時、不動から衝撃の一言が瑛に告げられる。
アキラとあきら 第04話
アキラとあきら 第04話
第四話/三友商船による東海郵船の買収提案に対し東海郵船社長・階堂一磨(石丸幹二)は事業拡大で対抗しようと産業中央銀行営業第一部・安堂章二(小泉孝太郎)と階堂彬に500億の融資を頼む。融資すべきか悩む安堂に対し、彬は思いもよらない提案をした。その頃、静岡支店に左遷された山崎瑛は…。
アキラとあきら 第05話
アキラとあきら 第05話
第五話/静岡支店の山崎瑛のもとに繊維会社社長(小市慢太郎)が追加融資を申し込んでくる。しかし、会社の業績は良くなく、なかなか稟議を通せない。その時、社長が新規素材開発に投資している事実を知った瑛は、そこに光明を見いだす。一方、階堂彬は、叔父2人・晋(木下ほうか)と崇(堀部圭亮)がリゾート開発に着手するために…。
アキラとあきら 第06話
アキラとあきら 第06話
第六話/階堂一磨が病に伏し、東海郵船は次期社長を誰にするかに決められずにいた。晋と崇は、彬の弟・龍馬(賀来賢人)を社長に据えて、自分たちの意のままにしようと画策する。その頃、彬は一磨の病室を訪ねていた。そこで一磨は彬にある強い思いを伝える。一方、静岡支店にいる山崎瑛のもとに幼少の頃に別れた保原(木下隆行)から連絡が入る。
アキラとあきら 第07話
アキラとあきら 第07話
第七話/一磨の遺言で東海郵船の大株主となった彬。一方社長となった龍馬は晋と崇に乗せられて、リゾート開発の後押しをするようになる。それを危惧する彬は龍馬に進言するが、聞く耳を持たれない。その頃東海郵船の担当となった山崎瑛と水島カンナ(瀧本美織)は、龍馬がとんでもない保証契約を叔父二人と結んでいた事実を発見する。
アキラとあきら 第08話
アキラとあきら 第08話
第八話/東海郵船の社長となった階堂彬は負債の塊となった東海リゾートの処理に苦心していた。安堂やカンナの助言から、東海リゾートではなく、一流の取引先を持った東海旭商会を売りに出す事を閃く。時を同じくして、山崎瑛の元に大日ビールが繊維事業の開拓を進めているという情報が入る。
アキラとあきら 第09話(最終話)
アキラとあきら 第09話(最終話)
最終話/沢渡に門前払いされた山崎瑛。さらに、階堂彬の元にぞくぞくと取引打ち切りの連絡が入ってくる。万事休すの中、彬は東海旭商会を売却した際のシミュレーションを自ら作り直す。瑛は東海郵船への230億円の融資の稟議書を作成する。社員とその家族の人生を背負う社長として、誇り高き信念を持つ銀行員として、二人の“アキラ”は運命を賭けた最終戦に挑む。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally