女子高生の無駄づかい 第03話

女子高生の無駄づかい 第03話

Are you the member?
#3 脱ぎたてのパンツの価値/登校して早々、バカ(岡田結実)はヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)に衝撃的な相談を持ちかける。「うちの脱ぎたてのパンツってどれくらいの価値があるんだろうか…?」朝から騒がしいバカたちを尻目に「今日は何事もなく一日過ごせますように」と祈るワセダ(町田啓太)。
Series:
女子高生の無駄づかい 第01話
女子高生の無駄づかい 第01話
#1 曲がれヒザ!ヒジキ!/街に溢れるキラキラな女子高生たち。タピオカ、自撮り、盛れた?いいね!いいね!そんな中…ひときわキラキラ感のない、3人の女子高生が歩いている。彼女たちの名は田中望=バカ(岡田結実)、菊池茜=ヲタ(恒松祐里)、鷺宮しおり=ロボ(中村ゆりか)--さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、正真正銘の女子高生=JKである。
女子高生の無駄づかい 第02話
女子高生の無駄づかい 第02話
#2 着衣のまま濡れるのが好きなんです!/人は誰しも、他人からすればしょーもないことを、ものすんっごく…気にしていたりする--。例えばロリ(畑芽育)。高校生にも関わらず幼すぎる見た目を気にする彼女は、自分に「ロリ」というあだ名を付けたバカ(岡田結実)にナメられないように必死でオラつく日々。
女子高生の無駄づかい 第03話
女子高生の無駄づかい 第03話
#3 脱ぎたてのパンツの価値/登校して早々、バカ(岡田結実)はヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)に衝撃的な相談を持ちかける。「うちの脱ぎたてのパンツってどれくらいの価値があるんだろうか…?」朝から騒がしいバカたちを尻目に「今日は何事もなく一日過ごせますように」と祈るワセダ(町田啓太)。
女子高生の無駄づかい 第04話
女子高生の無駄づかい 第04話
#4 恋とごま油とエクソシスト/理想の自分のため、モテるため、恋のため、女子高生たちは今日も自分磨きに余念がない--。リップクリームという存在に一抹の疑問を抱いたバカ(岡田結実)は、ごま油を唇に塗り登校。香ばしいにおいを漂わせながら、エクソシストのモノマネに興じていた。
女子高生の無駄づかい 第05話
女子高生の無駄づかい 第05話
#5 ムダ毛の気持ちも考えろ/「うち毛深くなりたい」。体の中で最も大切な部分…つまり心臓を守るべく、胸毛を欲するバカ(岡田結実)。そもそも世の中は“ツルツル”であることに価値を見出しすぎではないか。毛にだって生えている意義がある。ムダ毛なんて言われる“毛”の気持ちも考えるべきだ。--そんなバカの真剣な訴えを、冷めた目で見つめる…。
女子高生の無駄づかい 第06話
女子高生の無駄づかい 第06話
#6 性教育はB(坊主)L(ラブ)で/“性の目覚め”のタイミングは人ぞれぞれである--。自らの貧乳について、世の不平等を嘆くバカ(岡田結実)。一方、高校生にして未だ「赤ちゃんは、市役所に紙を出して受理されたら出来る」と信じるロリ(畑芽育)に衝撃を受けるリリィ(小林由依)は、急遽『ロリちゃん性教育対策本部』なるものを発足させることに。
女子高生の無駄づかい 第07話(最終話)
女子高生の無駄づかい 第07話(最終話)
#7 バカ、留年するってよ--ハナクソJK最後の戦い/入学式からあっという間に約1年。新年を迎えたバカ(岡田結実)は、ヲタ(恒松祐里)とロボ(中村ゆりか)と共に初詣に繰り出すが、「彼氏欲しい」「お金欲しい」「勉強しなくてもいい点取れる脳みそ欲しい」と煩悩が止まらず、最終的には「はんぱねー女」を目指すことに。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally