キャッスル/ミステリー作家の…4/吹替

キャッスル/ミステリー作家の…4/吹替

Dubbing23 episodes
G
ますます目が離せないシーズン4。一命を取り留めたベケットが職場復帰することから始まる。誰が彼女の命を狙ったのか?ベケットとキャッスルの関係に転機が?ベケットが追う母の死の真相にも更に深く迫る、絶対に見逃せない!
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第11話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第11話/吹替
吹替/第11話 情事の果て/ホテル8階の窓から、全裸の男性が転落。客室に残されていた運転免許証から、被害者は28歳のマイケル・ベイリーと判明する。検視の結果、マイケルはリウマチの薬“コルヒチン”を大量に飲まされ、階下に激突する前には死亡していたという。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第12話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第12話/吹替
吹替/第12話 ダイヤルM/市庁舎の公用車の中から、28歳の女性ローラ・ケンブリッジの絞殺体が発見された。舌骨が折れるまで首を絞め上げていることから、犯人は大柄な男と断定。早速、ローラの調査を始めたベケットたちは、彼女が大学教授の職を自ら辞め、清掃会社やクリーニング店などの職を転々としていたばかりか…。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第13話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第13話/吹替
吹替/第13話 ドッグショー殺人事件/愛犬家の集う“ドッグショー”終演直後、20年近く審査員を務めてきたフランシスコの絞殺体が楽屋で発見された。凶器は犬用の紐。この日のフランシスコの判定に異議を申し立てた男を見つけたベケットたちは、そこで“ドッグショー賭博”の噂を耳にする。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第14話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第14話/吹替
吹替/第14話 ブルー・バタフライ/1940年代には偉大な音楽家が演奏していた伝説のクラブ“ペニーベーカー・クラブ”で、男性の射殺体が見つかった。被害者はスタン・バンクス。別居していた妻によれば、スタンは“宝探し”にハマり仕事も辞めてしまい、最後の電話では“ブルー・バタフライ”を追い求めていることを夢中で語っていたという。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第15話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第15話/吹替
吹替/第15話 大いなる陰謀 パート1/アパート4階で派手な乱闘騒ぎがあった直後、窓から男性が転落死する事件が発生した。犯人と思われる“脚を引きずった男”は逃走。ベケットたちは、路上に残された血痕と防犯カメラの映像から、容疑者トーマス・ゲージの逮捕に向かう。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第16話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第16話/吹替
吹替/第16話 大いなる陰謀 パート2/埠頭で銃撃されたベケットとキャッスルは、車ごと海へ転落。命からがら窮地を脱した2人だったが、すぐにCIAのソフィアに連行されてしまう。ブレイクリー博士の暗号を解読し、密かに捜査していた2人を罵倒するソフィアは、捜査協力の解消を申し渡す。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第17話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第17話/吹替
吹替/第17話 おとぎ話連続殺人/“赤ずきん”の衣装を着た弁護士エイミー・モーガンの遺体が、セントラルパークで発見された。左頬には“3本の大きなツメ痕”があり、ベケットは猛獣に襲われた可能性を探り始める。しかし、間もなくすると同じ現場で主婦クリスティーナ・カーティスの遺体も発見される。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第18話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第18話/吹替
吹替/第18話 ダンサーの悲劇/ダンスのオーディション番組『ナイト・オブ・ダンス』の収録中に、出場者の女性オデットの射殺体が楽屋で見つかった。彼女の大ファンだった検視官のラニは「優勝候補のオデットをライバルが殺した」とベケットたちに訴える。早速、オデットの兄に事情聴取したベケットは…。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第19話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第19話/吹替
吹替/第19話 47秒/ウォール街で行われていた“格差社会への抗議デモ”の最中に爆破事件が勃発。5人が死亡、28人が重軽傷を負った。捜査を主導するFBIによると、爆発の47秒前には、爆心地に爆弾がなかったことが判明。ベケットたちは、空白の47秒間の真相を解明しようと、目撃者探しに奔走する。
Dubbing
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第20話/吹替
キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン4 第20話/吹替
吹替/第20話 ロンドン警視庁の男/町外れのモーテルの一室で、イギリス人女性ナオミ・アレンの絞殺体が見つかった。遺体発見者のハウスキーパーは、犯人と思われる男が部屋から逃げて行ったと証言。ナオミの自宅を家宅捜索に向かったベケットたちは、そこで逃亡中の男と対面する。
Dubbing
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally