現実主義勇者の王国再建記(第二部)

現実主義勇者の王国再建記(第二部)

13 episodes
G
異世界に召喚された相馬一也は、エルフリーデン王国の王位を譲られて以来、辣腕を発揮し、王国の政治・財政を立て直していった。そして、三公の反乱とアミドニア公国の侵略を鎮圧したソーマは今、新たな問題に直面していた。アミドニアの首都ヴァンを失い敗走した公太子ユリウスが復権を狙い、人類宣言の盟主たるグラン・ケイオス帝国に助けを求めたのである。
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第14話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第14話
第14話 虎の威を借るアミドニア/ガイウスの息子ユリウスは、大国グラン・ケイオス帝国の威を背景にかつての自領ヴァンをソーマの手から取り戻そうとする。その交渉の全権を与えられたのは、女皇マリアの妹ジャンヌ・ユーフォリアであった。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第15話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第15話
第15話 莫逆(ばくぎゃく)の友と為る/ジャンヌとの交渉はつづく。もはや交渉はユリウスのものではなく、グラン・ケイオス帝国とエルフリーデン王国のものだった。そして、ジャンヌはソーマの中に、新しい未来を、新しい世界の姿を見る。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第16話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第16話
第16話 苛政は寅よりも猛し/グラン・ケイオス帝国の仲介の結果、ヴァンはユリウスの元に返還されることになる。高額な賠償金を引き換えにして。ソーマは未だ多くの問題が残るエルフリーデン王国へと帰還していく……。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第17話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第17話
第17話 士は己を知る者の為に死す/内乱、さらにはアミドニアとの戦いに勝利したソーマ。だが、それはゲオルグという男の献身の上に成り立ったものであった。しかし、法は法。ソーマは彼に対し厳しい裁きをくださねばならなかった。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第18話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第18話
第18話 杯中の蛇影/さまざまな困難を乗り越え、ソーマはなんとか戦乱の後処理を終える。だが、彼には言い知れぬ疲労が忍び寄っていた。人の上に立たねばならない者のみが背負う苦悩と重圧。それは彼ひとりで抱えきれるものではなく……。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第19話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第19話
第19話 奇貨おくべし/近衛騎士団のルドウィンの幼なじみジーニャは稀代のマッドサイエンティストであった。その発明は、科学技術が発達した世界からやってきたソーマでさえ、驚き感嘆……そしてあきれ果てるようなものだった。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第20話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第20話
第20話 西施のひそみにならう/ユリウスに返還されたアミドニアの首都ヴァンでは、再び圧政が敷かれていた。民衆の不満は日に日に増していき、ついに反旗を翻すに至る。そのとき、ソーマの前にユリウスの妹ロロアが現れた。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第21話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第21話
第21話 蝦で鯛を釣ろうとしたら鮫が掛かった/ロロアの登場によってアミドニアとエルフリーデン王国の状況はさらに複雑になる。ソーマすら想定していなかった結果。これを受けてグラン・ケイオス帝国の女皇マリア・ユーフォリアとソーマの会談が開かれることに……。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第22話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第22話
第22話 人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり/フリードニア王国にジンジャー・カミュという奇妙な奴隷商がいた。彼は奴隷に清潔な衣服とじゅうぶんな食事を与え、さらには教育まで施してやった。それがゆくゆくは王国を揺るがすことになるとも知らずに……。【提供:バンダイチャンネル】
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第23話
現実主義勇者の王国再建記(第二部) 第23話
第23話 うがい手洗いは防疫の基本/難民、それは現代社会も抱える難問のひとつである。そして、フリードニア王国もまた例外ではなかった。王都の壁の外には魔物の侵入によって国を追われた難民たちが集まり、キャンプを築いていたのである。【提供:バンダイチャンネル】
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally