神の手

神の手

5 episodes
G
それは、延命させる手か、安楽死させる手か。外科医の白川泰生(椎名拮平)は、21歳の末期ガン患者・古林章太郎に対しあらゆる手段を尽くした末、最後に安楽死の処置を選んだ。メディアでも発言権のあるジャーナリストで章太郎の母・康代はそれを告発。殺人か過失致死かで連日取り沙汰される中、かねてより議論されていた安楽死の法制化が現実味を帯びる。
Sorry, TELASA is not available in this country.
神の手 第01話
神の手 第01話
第一話/腕利きの外科医・白川泰生(椎名桔平)のもとに21歳の古林章太郎(葉山奨之)が診察に訪れる。診断の結果は肛門がん。がんの進行による耐え難い痛みから章太郎も、看病する伯母の晶子(坂井真紀)も安楽死を懇願。白川は苦悩の末、安楽死処置を施すが、章太郎の母でジャーナリストの康代(鈴木砂羽)に告発され…。安楽死法案の成立が現実味を帯びる中…。
神の手 第02話
神の手 第02話
第二話/ワイドショーにより、安楽死処置の疑惑を報じられてしまった白川。病院では査問会議が開かれる中、白川は刑事の平野(正名僕蔵)に章太郎の母・康代から告訴状が出されたことを聞かされる。康代の誤解を解くため、白川は安楽死処置の経緯を共有する章太郎の叔母・晶子と連絡を取ろうとするが……。そんな中…。
神の手 第03話
神の手 第03話
第三話/殺人罪の容疑で逮捕・起訴された白川。しかし白川は何者かの動きにより不起訴となり釈放される。それを知ったマスコミが安楽死騒動と一連の真相を究明しようと白川の病院に押しかけ、パニック状態になるが……。ジャモの会員となった同僚の山名(杉本哲太)の働きかけで、ついに白川は記者会見を開くことになる。
神の手 第04話
神の手 第04話
第四話/白川の記者会見を見て、安楽死法案成立の象徴として白川を担ぎ上げるべく密かに動き始めたジャモ会長・新見(北村有起哉)。白川は悩みながらもジャモの医療改革を進めるためのセミナーに参加することになるが……。一方、記者会見で安楽死に対する世論が賛成に向かい始める中、康代は一人、新たな問題を世に訴え安楽死反対を唱え続けていた。
神の手 第05話(最終話)
神の手 第05話(最終話)
最終話/病院を辞めた白川は医師・大塚(井上肇)から終末期医療に向かうある患者の相談を受けるが断ってしまう。一方で、すべてを裏で動かしていた佐渡原により安楽死法案も可決される中、ジャモ会長・新見が何者かに殺害され遺体となって発見される。そんな中、白川は晶子に呼び出され康代の事務所であるものを見せられるのだった……。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included) Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally