僕ら的には理想の落語

僕ら的には理想の落語

この妄想が、あなたを変える。「僕ら的には理想の落語」は、声優・中島ヨシキ、伊東健人、土田玲央、榊原優希が腐男子噺家を演じる、BL×落語の新感覚落語エンターテインメント番組です。噺家4人が所属するのはBでLな妄想を得意とする一門『妄想亭』。噺のネタ元となるのは…妄想亭4人の行きつけのカフェ。常連客や店員を観察し、BでLな妄想トークを展開!

Sorting

僕ら的には理想の落語 第11話

僕ら的には理想の落語 第11話

第11話 神詣/今日もカフェでまったり過ごす、和穏と茸丸。和穏は“冬の戦”での軍資金に悩み、電卓を叩いては、ため息をついていた。そんな和穏に茸丸は、自分も“戦”に行ってみたいと案内を頼む。そのケーススタディを落語でしてみようと話が弾み、2人は似たシチュエーションの『大神宮』を思い浮かべる。そこに美冬と陽都の要素を加えて----。【提供:バンダイチャンネル】
僕ら的には理想の落語 第12話

僕ら的には理想の落語 第12話

第12話 紙の誘い/万識との約束に遅れてカフェにやってきた上利が、ふと周りを見渡すと、1人で小説を読む泰雅に気が付く。万識によると、どうやら誠司から小説を貸してもらってハマったらしい。二人は趣味や好みから相手に染められていくのもまた一興、など語りつつ、どんなジャンルでも頼めそうな泰雅が落語の『紙くず屋』に出てくる若旦那に似ていると思い付き--。【提供:バンダイチャンネル】
僕ら的には理想の落語 第13話(最終話)

僕ら的には理想の落語 第13話(最終話)

※映像内告知は当時のものになります。/第13話 ここの仕来り/初めて大きな舞台を任された上利と茸丸。なかなか噺が決まらずカフェで悩む2人は、これまでの演目を思い浮かべ、その集大成として、カフェのみんなが登場する噺にしようと思い付く。そして2人の視線の先には、常連のみんなから誕生日を祝福される店員の蒼生の姿があった。【提供:バンダイチャンネル】
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
※Rental items need to purchase additionally