臨場 続章

臨場 続章

臨場とは、事件現場に臨み、初動捜査に当たること。遺体や現場に残された物証から、事件の見立てを読む検視官・倉石義男は、優秀だが死者の声を全て拾えれば周囲との軋轢など気にしない組織の厄介者。「拾えるものは、根こそぎ拾ってやれ」 彼の死者に対する悼み方、優しさが死因を追究し事件解決へ導く…
Sorry, TELASA is not available in this country.
臨場 続章 第01話
臨場 続章 第01話
第1話 「封印・前編」/交番勤務の警察官・谷本(螢雪次朗)の遺体が、とある公園の遊具の中で発見された。自らの拳銃でこめかみを撃ち抜かれており、その拳銃がなくなっていることから、他殺の可能性が高い。しかし、倉石(内野聖陽)は一人毅然と「自殺だ」と言い切る。他殺なら 殉職だが、自殺となると拳銃の不正使用ということになる。
臨場 続章 第02話
臨場 続章 第02話
第2話 「封印・後編」/大型スーパーの警備員をしていた沢木(反田孝幸)の他殺体が自室から発見された。遺体のそばには、自殺した警察官・谷本(螢雪次朗)の警笛が!倉石(内野聖陽)の見立てによる死亡推定時刻と、谷本が自殺した日も一致する。谷本は沢木を殺害し、その後に自殺したのか?
臨場 続章 第03話
臨場 続章 第03話
第3話 「未来の花」/留美(松下由樹)が、毎朝出勤の際に挨拶を交わしている近所の主婦・朝子の夫・内田寛の変死体が、自室ベッドで発見された。寛は胸を包丁で刺されていたが、凶器はなく部屋の中に滴下血痕もなかった。坂東(隆大介)の報告によると、事件当日、朝子は休みの夫を自宅に残し、息子の隼人とヒーローショーに出かけ、午後3時過ぎに帰宅。
臨場 続章 第04話
臨場 続章 第04話
第4話 「似顔絵」/ダム建設の不正入札への関与が疑われていた元議員秘書・中西の変死体が、ホテルの一室で発見された。一ノ瀬(渡辺大)の見立てでは、首つり自殺。だが、倉石(内野聖陽)は、わずかな吉川線などの痕跡から他殺と断定する。
臨場 続章 第05話
臨場 続章 第05話
第5話 「カウントダウン」/一人暮らしの老人・寺西が自宅で死亡した。極度の栄養不良に脱水症状が見られ、娘の佐知子や春恵によると、高血圧と糖尿の持病があり、右足が不自由。1週間に一度、訪問介護のヘルパーが来て身の回りの世話をしていたとのこと。一ノ瀬(渡辺大)の見立ては衰弱による臓器不全、事件性はなし。いわゆる孤独死と見立てるが、倉石(内野聖陽)は一ノ瀬に問う。
臨場 続章 第06話
臨場 続章 第06話
第6話 「濡れ衣」/一ノ瀬(渡辺大)の捜査一課への異動で留美(松下由樹)が検視官心得に昇格、新たに検視補助官として永嶋(平山浩行)が赴任してきた。鑑識の経験はない永嶋だが、やる気満々の姿に思わず留美も頬を緩める。暴力団構成員の山辺が何者かに鈍器で殴られ殺害された。遺体には後頭部だけでなく背中にも殴られた痕があり、めった打ちされたようだ。
臨場 続章 第07話
臨場 続章 第07話
第7話 「声」/検視官心得となった留美(松下由樹)は、週刊誌の女性記者・梨緒から取材を受けていた。警察という過酷な男の世界で働く女性の苦労話などを聞きたいという。が、インタビューを始めようとした矢先、永嶋(平山浩行)より臨場要請の電話が入る。とあるホテルの一室から女性の変死体が発見された。
臨場 続章 第08話
臨場 続章 第08話
第8話 「証言」/マンションの非常階段下で真弓という女性の変死体が発見された。倉石(内野聖陽)らの検視で体には殴られたような古傷があり、手首には新しい圧迫痕があることがわかる。踵にはこれも新しい擦過傷があったが、なぜか靴はきちんと履いていた。どうやら突き落とされた際に脱げた靴を、誰かが死んだ後に履かせたらしい。
臨場 続章 第09話
臨場 続章 第09話
第9話 「傘」/ホテル従業員・高田の変死体が、とある公園で発見された。倉石(内野聖陽)の見立てで、致命傷は転倒時の後頭部の打撲。左右かかとに生体反応のない擦過傷があったことから、死後何者かによって引きずられたらしい。倉石は他殺と断定。立原(高嶋政伸)らは捜査を開始する。
臨場 続章 第10話
臨場 続章 第10話
第10話 「渾身 前編」/高校生・皆川美咲の遺体が雑居ビル下で発見された。倉石(内野聖陽)らの検視の結果、自殺と断定される。その後、美咲の自殺現場と同じ場所で、男の変死体が発見された。死亡していたのは、なんと三咲の父・皆川修二。娘の自殺を苦に後を追ったのか…。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally