石の繭 殺人分析班

石の繭 殺人分析班

5 episodes
G
刑事だった父の後を継ぎ、警視庁捜査一課十一係の刑事となった如月塔子。ある日、廃ビルの地下室で、床にセメントで塗り込まれた死体が発見された。捜査会議が始まり、その最中に“トレミー”と名乗る犯人から捜査本部に電話が入り、塔子が交渉相手となる。殺人に関するヒントを提示しながら警察を愚弄・挑発するトレミー。やがてトレミーから第二の犯行予告の電話が入る。
石の繭 殺人分析班 第01話
石の繭 殺人分析班 第01話
第一話/刑事だった父の後を継ぎ、警視庁捜査一課十一係の刑事となった如月塔子。ある日、廃ビルの地下室で、床にセメントで塗り込まれた死体が発見される。現場に残された唯一の遺留品から、死体に類似した「犠牲者の型取り」といわれる石膏像にたどり着く。捜査会議が始まる中、“トレミー”と名乗る犯人から電話が入り塔子が交渉相手となることに。
石の繭 殺人分析班 第02話
石の繭 殺人分析班 第02話
第二話/捜査本部にトレミーから電話が入り、「2人目の犠牲者が出る」と言い残し電話が切られる。犯人の手掛かりをつかむため、第1の被害者の伊沢の自宅を捜索する塔子と鷹野。そこで人骨の写真と手紙を発見する。捜査一課で筋読みをして、少しずつ謎が解けていく中、トレミーから再び電話が。
石の繭 殺人分析班 第03話
石の繭 殺人分析班 第03話
第三話/2つの猟奇殺人事件が17年前の未解決事件と関係があることが次第に明るみに出てくる。しかし、有力な容疑者だった人物がすでに亡くなっていたことが判明し、手掛かりが途絶え、事件の真犯人特定がさらに困難となっていく。そんな矢先に、トレミーに「第3の犠牲者が出る」と予告され緊張感が高まる捜査一課。そして塔子と鷹野は…。
石の繭 殺人分析班 第04話
石の繭 殺人分析班 第04話
第四話/トレミーが八木沼雅人だと確信した捜査一課は、雅人への逮捕状を請求する。鷹野は、雅人の父親の八木沼孝明が身近な人物に殺害されたと考え、両親の復讐のためにこの計画を実行したと推理する。そしてその人物こそがトレミーの第3の犠牲者となるのではないかと。そこへ、トレミーから電話が入り、第3の犠牲者の居場所のヒントが与えられる。
石の繭 殺人分析班 第05話(最終話)
石の繭 殺人分析班 第05話(最終話)
最終話/病院に搬送される塔子。トレミーが教えた場所は警察をおびき寄せるための罠で犠牲者はそこには居なかった。しかし、唯一の手掛かりである幼少時の雅人が監禁されていた痕跡が残っていた。17年前、その場所で何があったのか?なぜ、トレミーは警察に嘘をついたのか?謎が深まる中、捜査一課は第3の犠牲者にある重大な事実が隠されてる事に気付く。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally