文学処女

文学処女

「LINEマンガ」オリジナルコミック初の実写化!恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。出版社に勤める月白鹿子(森川葵)は恋愛経験がない26歳。念願の文芸編集部に配属された鹿子が担当に任命されたのは、超売れっ子ミステリー作家、加賀屋朔(城田優)だった。現実の恋を知らなかった鹿子は徐々に加賀屋に心惹かれていき--?

Sorting

文学処女 第01話
文学処女 第01話
第1話/出版社の編集者である月白鹿子(森川葵)は、売れっ子ミステリー作家、加賀屋朔(城田優)の担当に抜擢される。俄然張り切る鹿子だったが、いきなり加賀屋の機嫌を損ねてしまい絶体絶命のピンチに。そんな中、加賀屋がノミネートされた文学賞の受賞発表の日を迎える。果たして鹿子は加賀屋に担当として認めてもらえるのか?
文学処女 第02話
文学処女 第02話
第2話/加賀屋(城田優)の機嫌を損ねた鹿子(森川葵)はホテルの部屋に連れていかれる。まさか処女喪失の危機…!?と思いきや、打合せしようと言う加賀屋。加賀屋から恋愛経験について聞かれた鹿子は26年間恋愛経験が全くなかったことを打ち明ける。すると、これまで冷たかった加賀屋が落ち込む鹿子の手に優しく触れ--?
文学処女 第03話
文学処女 第03話
第3話/ホテルのベッドで加賀屋(城田優)と目を覚ますが、何があったのか全く記憶がない鹿子(森川葵)。加賀屋からは「何もなかった」と聞かされるが、自分から加賀屋にキスをしたという衝撃の事実が発覚。自分の気持ちがわからないまま迎えた、加賀屋のサイン会当日。鹿子は不注意から加賀屋の左手に怪我をさせてしまい--?
文学処女 第04話
文学処女 第04話
第4話/加賀屋(城田優)への恋心を自覚し始めた鹿子は、同僚の望月(中尾暢樹)からもアプローチを受け、もはや大混乱。そんな中、原稿が間に合わないという加賀屋に呼び出される鹿子。そこにやって来た光稀(泉里香)。二人のただならぬ関係性に嫉妬してしまう鹿子。その夜、鹿子は加賀屋邸に泊まり込みで作業することになり--?
文学処女 第05話
文学処女 第05話
第5話/ついに加賀屋(城田優)とデートすることになった鹿子(森川葵)は、生まれて初めてのデートで加賀屋への想いが確かになっていくのを感じていた。そんな時、望月(中尾暢樹)と編集長の娘、三島暁里(古賀哉子)にバッタリ遭遇。暁里に背中を押され、気持ちを伝えようとする鹿子だったが、加賀屋の本音を聞いてしまい--?
文学処女 第06話
文学処女 第06話
第6話/鹿子(森川葵)に告白する望月(中尾暢樹)。しかし、加賀屋(城田優)に鹿子を連れ去られてしまう。まっすぐに気持ちを伝える鹿子に、加賀屋も正直に自分の気持ちを告げる。二人は、共に夜を過ごすために加賀屋邸へと向かった。一方、三島(河原雅彦)に呼び出された光稀(泉里香)。そこで語られる加賀屋の過去とは--?
文学処女 第07話
文学処女 第07話
第7話/加賀屋(城田優)が鹿子(森川葵)との恋愛に踏み切れない理由--そこには加賀屋がかつて愛した女性、天村千夜香(田辺桃子)の存在があった。しかし加賀屋のそんな過去を知りえない鹿子。そんな鹿子の元に、記者から加賀屋へのインタビューの依頼が舞い込む。しかしその記者は加賀屋の過去について知っているようで--?
文学処女 第08話(最終話)
文学処女 第08話(最終話)
第8話/加賀屋(城田優)が婚約者と死別していた事実を知る鹿子(森川葵)。「僕みたいな男はやめたほうがいい」そう鹿子を突き放す加賀屋。彼女の死の真相とは--?傷ついた鹿子を家まで送る望月。二人きりになった鹿子と望月はどうなるのか--?さらに、加賀屋から執筆活動を休止したいとの連絡が。二人の歪な恋の行方は--?
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally