家政夫のミタゾノ(2016)

家政夫のミタゾノ(2016)

8 episodes
G
松岡昌宏×女装した“家政夫”。史上最恐の家政夫が、あなたの家庭を崩壊させる…。料理、洗濯、掃除、子守--家事スキルは“特A級”のスーパー家政婦・三田園薫。はたから見たら、ちょっと(いや、だいぶ)大柄な彼女には秘密があった--そう、彼女は女装した男性…家政婦ではなく“家政夫”だったのです!
家政夫のミタゾノ(2016) 第01話
家政夫のミタゾノ(2016) 第01話
第01話/とある住宅街にある豪奢な一軒家--そこは現職都知事・小津鮫洋一郎(板尾創路)が家族とともに暮らす自宅。ある日そこに新しい家政婦がふたりやってくる。花田えみり(清水富美加)、そして思わず凝視してしまうほど大柄な女、三田園薫(松岡昌宏)。実は、三田園にはある秘密があった--そう、彼女は家政婦ではなく“家政夫”…。男性なのだ。
家政夫のミタゾノ(2016) 第02話
家政夫のミタゾノ(2016) 第02話
第02話/『むすび家政婦紹介所』に依頼が舞い込み、三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)が派遣されることになる。その派遣先とは、なんと“キスパン”の愛称で人気を博している女性アナウンサーの木杉舞(小林涼子)の家だった!人気アナウンサーの家で働けることで浮かれるえみりだったが…。
家政夫のミタゾノ(2016) 第03話
家政夫のミタゾノ(2016) 第03話
第03話/急きょ、とくやまグループの若き社長・徳山康介(小西遼生)の家に派遣された三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)。目を見張るような大豪邸に到着したふたりは、さっそくこの屋敷のしきたりだというメイド服に着替えさせられ、ひとりの家政婦の大号令のもと、大勢の家政婦がテキパキと掃除をする大広間に連れてこられる。
家政夫のミタゾノ(2016) 第04話
家政夫のミタゾノ(2016) 第04話
第04話/三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)が派遣された豪華な邸宅--そこは主の勅使河原忠(森下哲夫)と美津子(中村静香)という若い女性が暮らす、新婚ホヤホヤの愛の巣だった。ちょうど勅使河原が「ふたりきりで暮らしたいから出ていって欲しい」と息子の章一(林泰文)やその妻・益美(西尾まり)たちに伝えていたところに、三田園たちが到着。
家政夫のミタゾノ(2016) 第05話
家政夫のミタゾノ(2016) 第05話
第05話/「家主夫婦の留守中、掃除と娘の世話を」との依頼を受け、安藤家にやってきた三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)。しかし留守だと思っていた家から、ひとりの男(新田和臣=マギー)が出てくる。その男が依頼主の安藤だと思い込むえみりだったが、三田園は男に対して怪しさを感じ…?
家政夫のミタゾノ(2016) 第06話
家政夫のミタゾノ(2016) 第06話
第06話/花田えみり(清水富美加)の中学時代の恩師・金森八重子(浅田美代子)から、むすび家政婦紹介所に依頼が入る。だが、えみりはちょうど退職を決意したところだった。退職を了承した結頼子(余貴美子)は代わりに三田園薫(松岡昌宏)を八重子の家へ派遣しようとするが、恩師が三田園にひどい目に遭わされては大変、と「この仕事を最後にします」と宣言。
家政夫のミタゾノ(2016) 第07話
家政夫のミタゾノ(2016) 第07話
第07話/100年続く老舗干物店『松丸商店』の社長・松丸保志(温水洋一)宅から依頼を受けた三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)。ぎっくり腰になってしまった妻の聖子(濱田マリ)に代わり、3日後に控えた法事の準備をするため、住み込みで手伝いをすることになる。広さは十分だがとにかく古い松丸家を「幽霊屋敷みたい…」と怖がるえみり。
家政夫のミタゾノ(2016) 第08話(最終話)
家政夫のミタゾノ(2016) 第08話(最終話)
最終話/三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)が派遣された大きな邸宅。そこは“カリスマ主婦”と呼ばれる富田その子(片瀬那奈)が息子の毅(田中偉登)とともに暮らす家で、その子の夫は10年ほど前から行方不明になったままだった。その子と毅、そして行方不明の夫が3人で写る写真を見たえみりは、その男性が三田園にそっくりなことに驚愕する!
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally