プラチナタウン

プラチナタウン

5 episodes
G
舞台は高齢化が進む上に巨額の負債を抱える地方の町。そこを、高齢者が集まり思い思いに暮らせる“プラチナタウン”に変身させようという、夢のプロジェクトに挑む人々の姿を描く。エリート商社マンから故郷の町長に転身、町の再建に取り組む主人公を演じるのは大泉洋。
プラチナタウン 第01話
プラチナタウン 第01話
第1話/四井商事のエリート商社マン・山崎鉄郎(大泉洋)は、幼なじみの熊沢健二(平山浩行)から同窓会に誘われる。しかし、久しぶりに降り立った故郷の緑原町は変わり果て、財政危機に追い込まれていた。健二らに町の再建を懇願された鉄郎は一念発起し、会社をやめ緑原町の町長に就任。
プラチナタウン 第02話
プラチナタウン 第02話
第2話/町長に着任早々、鉄郎(大泉洋)は窮地に立たされる。所信表明の中で、町議の定数削減と議員報酬のカットを提案したところ、議員たちから猛烈な反発を受けたのだった。町議の古参・鎌田武造(柄本明)からも、緊縮財政という安易な手段を期待していたわけではないと圧力をかけられてしまう。
プラチナタウン 第03話
プラチナタウン 第03話
第3話/鉄郎(大泉洋)は、町の救済策を思いつく。それは、高齢化を逆手に取り、巨大老人ホームを建設し、緑原町を敢えて老人の町として活性化させるというものだった。計画を聞いた健二(平山浩行)ら役場の一同はこのアイデアに驚きながらも、これまでになかったプランに胸を弾ませる。
プラチナタウン 第04話
プラチナタウン 第04話
第4話/「老人向けテーマパークタウン」プロジェクトの準備を始める鉄郎(大泉洋)たち。企業と連携すべく、鉄郎の元同僚の牛島幸太郎(田中直樹)に、四井商事の力を借りたいと打診する。さらに、鉄郎が高齢者をターゲットにしたプロジェクトに取り組んでいることを聞きつけた恵里香(檀れい)は、自分の仕事との共通点を感じ、協力を申し出る。
プラチナタウン 第05話(最終話)
プラチナタウン 第05話(最終話)
第5話/鉄郎(大泉洋)のかつての上司・八代(小木茂光)に計画の穴を突かれ、四井からの協力が得られなくなる。プロジェクトは暗礁に乗り上げたかに見えたが、東光物産の児島(渡部篤郎)からプロジェクトを引き受けたいと申し出がくる。児島は、四井が指摘した計画の欠陥を補足する画期的なアイデアも提案。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally