最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。

最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。

New
その少女のスキルは、魔物を手懐ける『テイマー』。ただしランクは、最弱の『星なし』。最弱テイマーのアイビーは、不吉な子供として村から追われ、『捨て場』のゴミを拾いながら冒険の旅を始めた。か弱いレアスライムや、凶暴な魔物アダンダラと友達になったアイビーは、魔物たちの特殊能力と、前世の記憶による大人顔負けの洞察力で、あらゆる困難をくぐり抜ける。

Sorting

最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第01話
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第01話
第01話 『ひとりの旅へ』/森で暮らす8歳の少女フェミシア。村長はフェミシアを不吉な子供だと言って捕まえようとする。村を捨てて冒険の旅に出たフェミシアは、『捨て場』でまだ使えるゴミを拾って、旅の道具にする。しかし、フェミシアを追跡する冒険者が現れる。冒険者から逃げるフェミシアだが、スライムの大群と遭遇して--。
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第02話
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第02話
第02話 『ラトト村へ』/森を旅する少女アイビーは、ワナで野ネズミを捕まえると、新しい村に立ち寄る。その村でも人はみんな、様々なスキルを使って働いていた。それを見てアイビーは、自分のスキルについて悩む。野ネズミの肉を売ってお金を手に入れるアイビーは、何年かぶりのパンを買う。しかしソラはパンを食べず--。
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第03話
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第03話
第03話 『追憶の日へ』/もうすぐ5歳になる少女フェミシアは、優しい家族にかこまれて暮らしていた。この国では人はみな、5歳になると教会でスキルをさずかり、そのスキルで得意な仕事につく。どんなスキルがもらえるかは分からず、すべては神様しだい。フェミシアは、魔物を手なずけるテイマーになりたいと言うが--。
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第04話
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第04話
第04話 『思わぬ事態へ』/ソラと一緒に楽しい旅を続けるアイビー。青いポーションが大好きなソラは、アイビーがケガを治すためにとってあるものまで、ぜんぶ食べてしまいそうになる。アイビーはソラを早く寝かせようと、おとぎ話を始める。そのむかし、世界は戦争をしていた。戦争を止めるため、魔術師はある魔法を使って--。
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第05話
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第05話
第05話 『ラトメ村へ』/次の村に立ち寄るアイビー。村の入り口では、怖そうな門番が見張りをしていた。アイビーが恐る恐る村に入ろうとすると、門番に呼び止められて尋問される。アイビーは、ラトミ村から来た事を正直に話すと、門番は意外な事を言うのだった。そして、なぜかアイビーの買い物に付き合ってくれるのだった。
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第06話
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第06話
第06話 『想い彼方へ』/アイビーの狩りを手伝ってくれるシエル。おかげで大猟だった獲物を売りに行くと、なぜか村人がみんな、アイビーに優しい。不思議に思っていると、どうやらオグト隊長の仕業らしい。肉を売ってお金を手にしたアイビーは、ラトミ村の特産のザロを売る行商人に出会う。そして、ラトミ村の話を聞くと--。
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第07話
最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。 第07話
第07話 『冒険の道へ』/ソラ、シエルと一緒に旅をするアイビーだが、突然、何かに追いかけられる。なんとか逃げ切ろうとするが、魔物の群れと遭遇してしまう。必死に逃げるアイビーだが、ワナにかかってしまい、身動きがとれなくなる。そこに現れたのは冒険者のチームと、スライムを操る、星を持ったテイマーだった。
New
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included)~ Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally