トップリーグ

トップリーグ

6 episodes
G
昭和最大の疑獄事件の真相を暴く。大手在京新聞社・大和新聞の経済部に勤める松岡直樹(玉山鉄二)は、1年で戻すという約束で政治部への異動を告げられる。異動初日、松岡は政治部部長の阿久津康夫(陣内孝則)に「余計なことはするなよ」と忠告される。しかし、初めての官房長官定例会見でルールを無視し、近藤官房長官(小林薫)に質問を投げ掛ける松岡。
トップリーグ 第01話
トップリーグ 第01話
第一話/「都内の埋立地で大金が入った金庫を発見」このニュースが後に2人の記者の運命を変えることになる。大和新聞経済部から政治部に異動した記者の松岡直樹(玉山鉄二)。初めて参加した近藤官房長官(小林薫)の定例会見でこの金庫に関し見解を求めると、なぜか近藤の目に留まり懇談会に誘われる。
トップリーグ 第02話
トップリーグ 第02話
第二話/「金庫の謎」の口封じのために取材相手が殺されたと疑念を深める酒井。後輩の大畑(佐久間由衣)と捜査一課刑事・柴田(光石研)とともに調査を進める中、ある人物の名前が浮かび上がる。一方、松岡は近藤官房長官から病児保育の政策記者に指名される。子どもを持つ身として他人事ではない重役に気合いが入る反面、近藤の本心がわからず困惑していた。
トップリーグ 第03話
トップリーグ 第03話
第三話/松岡が政策記者を務める子育て支援について情報が錯綜する中、近藤官房長官の口添えで独自取材の記事を出す。「近藤に気をつけろ。阿久津を信用するな」政界に取り込まれていく松岡にそう忠告する酒井は、退職理由を話しはじめる。初めて聞く酒井の過去に困惑する松岡。
トップリーグ 第04話
トップリーグ 第04話
第四話/「酒井さんの意思を継いでください」通り魔に刺された酒井の代わりに記事を出してほしいと大畑に頼まれ苦悩する松岡。そんな中、娘が何者かにつきとばされたと藍子(中村映里子)から連絡が入る。記者として正義を貫き記事を出すか、父親として家族を守るために記事を握りつぶすか……、究極の選択を前に松岡が下す決断とは?!
トップリーグ 第05話
トップリーグ 第05話
第五話/5年前、家族を守るため疑獄事件の真実を葬り去った松岡はトップリーグとしてスクープを連発。一方、灰原は民政党の不正献金疑惑を掴み記事を出そうとするのだが圧力によりこの件の取材を禁じられてしまう。「力がほしい」と嘆く彼女に近藤は政治家にならないかと提案。灰原は正義と権力の狭間で揺れ動く。
トップリーグ 第06話(最終話)
トップリーグ 第06話(最終話)
最終話/「真実を突き止めて全てを終わらせる」松岡は父親の死の真相を知り疑獄事件の全容解明を決意。一方、民政党の公認候補として出馬を決めた灰原だが、酒井が刺され松岡の娘が大けがをした過去に近藤が関与しているのではと疑念を抱き困惑していた。そして松岡の熱意に感化された酒井も松岡とともに再び記事を出すことを覚悟する。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included) Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally