科捜研の女 season11

科捜研の女 season11

16 episodes
G
その時、真実が浮かび上がる。沢口靖子演じる京都府警科学捜査研究所法医研究員の榊マリコが、“科学”を武器に凶悪化・ハイテク化が進む犯罪に立ち向かうミステリーシリーズです。血痕・毛髪・皮膚片・体液…犯罪現場に残された微細証拠や、時には犯人が消し去った目に見えない証拠を科学の力で突き止め、事件解決に結びつけていきます。
Sorry, TELASA is not available in this country.
科捜研の女 season11 第01話
科捜研の女 season11 第01話
ep.1/奈良県警の元刑事・宮内勉(神野崇)の射殺体が京都市内で発見された。榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研メンバーが分析したところ、宮内の遺体から摘出された弾丸の線条痕が、3年前に起きた殺人事件のものと一致する。それは奈良市内の女子高生・辻村美香(西尾瑠衣)と管轄交番の沼尻巡査(幸世)が共に射殺体となって発見された事件だった。
科捜研の女 season11 第02話
科捜研の女 season11 第02話
ep.2/京都の山中で、埋められた男性の死体が発見された。随所に骨折が見られ、高所から転落死したものと思われたが、現場のそばに高い崖は見当たらない。榊マリコ(沢口靖子)たちはどこか別の場所で転落し、遺体発見現場まで運ばれて埋められたものとにらむ。まもなく被害者は、国会議員・辰巳哲夫(春田純一)の第一秘書・畑山孝明(本田博太郎)とわかる。
科捜研の女 season11 第03話
科捜研の女 season11 第03話
ep.3/フリースクールを主宰する山岸史朗(志村東吾)の死体が河原で発見された。頭部に打撲痕が6箇所あり、死因は外傷性の脳内出血と判明。遺体の衣服から動物の毛が見つかった。まもなく、事件当日、葵祭や時代祭の先導などで活躍する“京都府警・平安騎馬隊”が付近をパトロールしていたことがわかった。
科捜研の女 season11 第04話
科捜研の女 season11 第04話
ep.4/山中で白骨化した死体が発見された。男性の骨と思われたが、手がかりは少なく、マリコ(沢口靖子)は洛北医大の解剖医・風丘早月(若村麻由美)に司法解剖を依頼する。だが、解剖に取りかかった矢先、早月が倒れてしまう…。そんな中、河原で男性の転落死体が見つかった。
科捜研の女 season11 第05話
科捜研の女 season11 第05話
ep.5/暴力団の元組員・田村圭吾(青木伸輔)が早朝のジョギング中に左胸を撃たれて殺害された。現場で発見された弾丸をマリコ(沢口靖子)たち科捜研が調べたところ、凶器は猟銃としても使用されている小型ライフル銃と判明。奇妙なことに、3発の銃声が聞こえたという証言が多かったが、弾丸は1発しか見つからなかった。残り2発の弾はいったいどこに消えたのか…!?
科捜研の女 season11 第06話
科捜研の女 season11 第06話
ep.6/京都市内にある骨董品店で、店主・金山修(や乃えいじ)の刺殺体が発見された。遺体の胸に刺さっていた短刀は片刃のものだったが、早月(若村麻由美)による司法解剖の結果、被害者は両刃の刃物で殺されたことが判明。殺害後、何者かが死体から凶器を抜いて差し替えたことが明らかになる。
科捜研の女 season11 第07話
科捜研の女 season11 第07話
ep.7/川岸で男性の水死体が発見された。マリコ(沢口靖子)の検視や早月(若村麻由美)の司法解剖により、死因は溺死ではなく頭部に受けた傷であることが判明するが、被害者の名前を聞いた科捜研所長・日野(斉藤暁)は衝撃を受ける。死亡した五十畑収吾(羽場裕一)は“科警研”所属のインク鑑定の権威で…。
科捜研の女 season11 第08話
科捜研の女 season11 第08話
ep.8/京都市内で、時限発火装置を使った連続放火事件が発生した。最初の2件は、人の出入りが少ない場所だったが、3件目はオフィスビルのエントランスという大勢が行き来するところだった。幸い3件とも負傷者は出なかったが、マリコ(沢口靖子)は犯行が徐々にエスカレートしていることを危惧する。
科捜研の女 season11 第09話
科捜研の女 season11 第09話
ep.9/京都市内の路上で、男性がひったくり犯に刺されて死亡する事件が起きた。被害者・沢村大輔(真鍋拓)は婚約者の梓麻衣(小野真弓)とデート中で、麻衣のバッグをひったくった犯人を捕まえようとして、刺されてしまったらしい。現場に急行した榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研メンバーは、刑事と押し問答している若い男を見てビックリする。
科捜研の女 season11 第10話
科捜研の女 season11 第10話
ep.10/大学の研究所内で、特殊ガラスの研究者である神崎英雄教授(入江毅)の撲殺死体が発見された。現場にはさまざまなガラス片が散乱していた上、鼻の粘膜に炎症が残っており、教授は催涙スプレーをかけられた後に、凶器のガラスで頭部を殴られたものと思われた。だが、マリコ(沢口靖子)たち科捜研の分析の結果、催涙スプレーは市販のものではなく…。
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included) Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally