ワールドトリガー

ワールドトリガー

73 episodes
G
三門市。人口28万人。ある日この町に異世界への門が開いた。「近界民(ネイバー)」後にそう呼ばれる異次元からの侵略者が門付近の地域を蹂躙、街は恐怖に包まれた。異世界からの来訪者・空閉遊真と「こちら側」の世界の中学生・三雲修の物語はどこへ向かうのか…近界民(ネイバー)とは一体…!?
ワールドトリガー 第51話
ワールドトリガー 第51話
第51話 ゼノのトリオン兵/ゼノとリリスの到来に呼応するかのように、三門市とは別の都市・五島市に、多数の新型トリオン兵が襲来。A級3位風間隊が戦闘を開始する一方、修たちはゼノやリリス達と少しづつ親交を深めていた。ゼノは修に、自分の過去を話す条件として、一対一の闘いを提案する。
ワールドトリガー 第52話
ワールドトリガー 第52話
第52話 玄界の夕陽/こちら側の世界では居場所がないリリス。時折寂しそうな顔を覗かせる彼女を気の毒に思う千佳と修は、監視に来ていた木虎と緑川の協力を得て一計を案じる。だが、喜ばせようと奮闘している最中、カロンとギーヴが特殊な能力を持つトリオン兵を率いて、再び魔の手を伸ばしてくる!
ワールドトリガー 第53話
ワールドトリガー 第53話
第53話 守るべきもの/三門市の隣町にある超高層ビル・タマガタワーで、三輪、米屋、古寺の三人が学業に勤しんでいる。幼い姉弟のふれあいを眺め、自分の過去に想いを巡らせる三輪。だが、平穏な日常を破壊するように、ギーヴの放ったクモ型トリオン兵が襲来!市民がタワーの中に囚われてしまう。
ワールドトリガー 第54話
ワールドトリガー 第54話
第54話 ギーヴの攻勢/リリスとの絆を深めたのも束の間、修はゼノに怒りを覚える。リリスを大切に想うが故とはいえ、遊真や千佳を道具のように扱おうとするからだ。そんな中、超巨大トリオン兵が襲来!遊真たちは、木虎と共に迎え撃つことに。だが、ギーヴたちの策略により、修やゼノと分断されてしまう。
ワールドトリガー 第55話
ワールドトリガー 第55話
第55話 デッド・オア・アライブ/続々とボーダーの精鋭たちが集結!遊真たちとB級ランク戦で激闘を演じた荒船と村上も駆けつけ、怒涛の進撃でギーヴのトリオン兵を殲滅していく。それでも、超巨大トリオン兵を駆使し四塚市を爆破するという、ギーヴの作戦は着実に実行されていく。必死に対抗しようとする修は、ある作戦を思いつく。
ワールドトリガー 第56話
ワールドトリガー 第56話
第56話 リリスの謎/ギーヴとカロンによる四塚市爆破計画を切り抜けた遊真、修、千佳たちは、栞に連れられ、ゼノたちと共に四塚マリンワールドで束の間の休息をとる。だが、そんな平穏も束の間、ギーヴが強力なトリオン兵を放った。窮地に追い込まれていく修、そしてゼノ。絶対絶命の状況の中、リリスの身に異変が起きようとしていた。
ワールドトリガー 第57話
ワールドトリガー 第57話
第57話 ゼノとリリス/ゼノと遊真たちの危機を救うため、リリスは秘められていた真の能力を発動させる。その力でギーヴとカロンを退けるが、換装が解けてしまった修は連れ去られてしまう。力を使い果たしたリリスが深い眠りに落ちている間、ゼノの口から語られるリリスの出会い。そして、エルガテスからの逃亡の理由とは……?
ワールドトリガー 第58話
ワールドトリガー 第58話
第58話 囚われの修/囚われの修を救い出すため、ギーヴとカロンの待つ砕石場へと向かう遊真、千佳、ゼノ。だが、ギーヴの巧妙な罠により、彼らは二手に分断されてしまう。一人になった遊真は、ギーヴとの一騎討ちに挑むことに。生み出された謎の仮想空間に取り込まれてしまった遊真は、そこで驚くべき敵と対峙する…!
ワールドトリガー 第59話
ワールドトリガー 第59話
第59話 二つのブラックトリガー/ゼノと千佳は、捕われの修を発見。一方の採石場では、遊真とギーヴ、二つのブラックトリガー同士の戦闘が始まった。ギーヴのブラックトリガーから呼び出された黒いトリオン兵。カロンとの巧みな連携に、遊真は苦戦を強いられる。ゼノ、修、千佳にも、新たなトリオン兵の魔の手が迫っていて…。
ワールドトリガー 第60話
ワールドトリガー 第60話
第60話 陽太郎の冒険/林藤陽太郎は、四塚市に向かった小南たちを追いかけ、雷神丸と共に出動。辿り着いた街で、心愛(ここあ)という少女と出会う。次第に心愛と交流を深めていく陽太郎だったが、街では折しもボーダー隊員とトリオン兵による激しい戦闘が繰り広げられていた。玉狛支部・林藤陽太郎の戦いが今、始まる!
Monthly fee 618 Japanese Yen (Tax included) Frugal Unlimited Plan!
Rental items need to purchase additionally